スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もはや…

ようこそのお運びありがとう存じます。

尚、コメントはできないようになっています。
すみません。

ご訪問いただいた方、
コメントしてやろうじゃないかと思ってくださった方、
本当にありがとうございます



ご無沙汰しております。

我が家の兄妹猫「あずき♀&きなこ♂」の母猫「くまちゃん」
姿を見せるようになった頃はこんな感じでした(2009年5月)

090530 くまちゃん


こちら2015年10月の姿
151006 くまちゃん

肩書は野良猫でしたが、ずいぶん顔が穏やかになってきてました。

家猫にしようと何度か保護を試みるも警戒心の強い子で失敗の連続。
ごはんは毎日食べに来ていたのですが一ヵ月ほど前からみるみる痩せてきて。
本人もつらいのか家の中で横になっている時間が多くなってきていました。

そして再び保護を決心し・・・

2016年7月22日夜くまちゃんは我が家の家猫になりました。

ですが、体調はかなり悪かったようで保護したことで興奮させてしまい
さらなる悪化を招いたようです。

家猫になって二日
2016年7月24日
くまちゃんはお星さまになりました。

よかれと思ってしたことはくまちゃんの寿命を縮めました。
私はくまちゃんを野垂れ死にさせたくないと思っていました。
野良猫のままだとおそらく死んだこともわからないままだろうから。
私が看取りたかった。
結果的に私の願いは叶いました。最悪の形で。

本当は立派な(?)家猫になって一緒に遊んだり抱っこしたりしたかった。

いっぱい謝りました。
いっぱい泣いています。

私が死んだら虹の橋で私のこと怒ってちょうだい。
で、いっぱいブラシしていっぱい抱っこさせて。
大好きなくまちゃん。

当ブログはもはやペットとのお別れの備忘録と化してしまいました。
スポンサーサイト

虹の橋で待っててね

ようこそのお運びありがとう存じます。

尚、コメントはできないようになっています。
すみません。

ご訪問いただいた方、
コメントしてやろうじゃないかと思ってくださった方、
本当にありがとうございます



ご無沙汰しております。
前回の更新から1年以上経っていたのですね。

そして今回記事を書いたのも訃報です。

ゴールデンレトリバーのレオンが先ほど息を引き取りました。
17歳2ヵ月(くらい)生きました。

大型犬としてはめっちゃくちゃ長生きです。
こんなに長く一緒にいてくれて本当にありがとう。
頑張ったレオンのこと誇りに思います。

虹の橋で元気に走り回って遊びながらみんなのこと待っててね。
また絶対逢えるからね。

2014年3月7日に17歳でお星さまになった「レオン(男の子)」
だいぶん若い時の写真です。
090401 トリミング後のレオン③

theme : 犬との生活
genre : ペット

またね。

ようこそのお運びありがとう存じます。

尚、コメントはできないようになっています。
すみません。

ご訪問いただいた方、
コメントしてやろうじゃないかと思ってくださった方、
本当にありがとうございます



ご無沙汰しております。

おっと!

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年早々なんなんですが、

昨年12月29日から入院してました、「チビ子」が今日亡くなりました。

18歳10ヵ月(くらい)生きました。

「あきと」が21歳で亡くなったので、まだまだと思ってたのですが

最後はしんどい思いをさせてしまって申し訳ない気持ちでいっぱいです。

でも、苦しみから解放されたであろう今は肩の荷が下りたというか

「楽になってよかったね」という気持ちもあり…

後悔も山ほどあるし、頭ン中はごちゃごちゃしていますが、

そのうち私も死ぬし、また逢えると思います。

チビ子、またその日まで元気にしててね。

2009年10月31日に21歳でお星さまになった「あきと(女の子)」
あきと?

2013年1月6日に18歳でお星さまになった「チビ子(女の子)」
090720 チビ子?

theme : 猫のいる生活
genre : ペット

ご帰還

ようこそのお運びありがとう存じます。

尚、コメントはできないようになっています。
すみません。

ご訪問いただいた方、
コメントしてやろうじゃないかと思ってくださった方、
本当にありがとうございます



15歳の老犬、レオンが今晩めでたく退院することとなりました

3週間の入院でした。

いくら請求されるんだろう

お金のことは少しの間忘れて。

退院の許可が出たからといって病気が完治したわけではないので

病気と共存しながらの自宅療養ってとこですかね。

不安でいっぱいです。

脾臓腫瘍×腰痛×心臓の三重苦ときたもんだ。

とりあえず、今後のために購入しました。

移動ができるよう持ち手がついているので、

寝たきりになったとき寝返りもさせられます。

それと、腫瘍がこれ以上大きくならないように


そして、いざというときのための酸素缶

2分の噴射で空になってしまうらしいので、頻繁に使うようなら

を買おうと思います。

探せばホントいろいろとあるものですねー。

あと、レオンの介護用ではないのですが、

猫の歯石取りのために

ザ・ピースカンパニーのマウスクリーンを買いました。

猫は口の中なんて触らせてくれませんから。

人間と一緒で予防が大切だということを今回思い知らされました。

犬も猫も一年に一回は健診した方がいいですね。

特にエコーはした方がいいです。ハイ。

腫瘍が見つかったとき

「あと2歳若かったら手術できるのに…」という後悔はなくなりますもの。

theme : 犬との生活
genre : ペット

覚悟

ようこそのお運びありがとう存じます。

尚、コメントはできないようになっています。
すみません。

ご訪問いただいた方、
コメントしてやろうじゃないかと思ってくださった方、
本当にありがとうございます



えー実は16日の月曜日の夜、

我が家の王子レオンが倒れました。

111105 トリミング後のレオン

15歳ですし、もう足も弱くなってきてこけることも多かったのです。

いつもはすぐに自力で立ち上がるのですが、

でも今回はこけた後、立てなくなって、あまり動かなくなりました。

歯ぐきを見ると白い。おかしい。

すぐ主治医の先生に電話をして来てもらいました。

「これはヤバい」ということで即入院。

いろいろと検査をした結果、脾臓に腫瘍があるのだそう。

歯ぐきが白かったのは、脾臓からの出血で貧血を起こし

ショック状態になったからでしょうと。

危機は乗り越えましたが(だからブログに書けているのですが)

今はまだ安静にしてて、血液が増えるのを待っているところです。

それでも、再出血や脾臓破裂のリスクはつきまといます。

悪性の場合、全身に転移するでしょう。


15歳ということもあって、日ごろ何があってもおかしくないとは

思ってはいたものの、いざそういう姿を目の当たりにすると

尋常ではいられませんでした。

日に何回も泣いて、いつもいたところについ目をやって

「ああ、入院してるんやった…」と思ってまた泣いて。

もう目がショボショボです。

普段便秘の私ですが、おなかの調子もおかしいです。

でも、さっきも面会してきて、だいぶんと元気になってきてます。

「ワンワン!」って言ってました。

たぶん「一緒に連れて帰ってー!」って言ってる。

慎重な先生もいい方向に向かってるニュアンスの話し方だったし、

この子はやっぱり丈夫なんやなぁとつくづく思いました。

ただ、寿命はとっくに過ぎているので近々お別れすることには

変わりありません。

毅然となんてしていられるわけはないと思いますが、

覚悟だけはしておかないと!と思っています。

明日から血を増やすためにレバーを持って面会です。

一週間後にはお家に帰って来られますように。

theme : 犬との生活
genre : ペット

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。