スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死の定義

ようこそのお運びありがとうございます。

スーッと聞き流せないニュースがありました。

『臓器移植法改正A案衆院可決』

審議された4つの案というのは絵文字名を入力してくださいですね。
090619 臓器移植法改正案

この中の?A案?が衆議院で可決されました。

今後はこのような流れで「成立」もしくは「廃案」となるようです。

090619 臓器移植法改正案流れ

このニュースをテレビで見たとき、そこには

◆心臓移植手術を受けるため渡米したものの
  手術を受けないまま現地で子供を亡くされた中沢さん夫妻

-A案が可決され、ご主人は泣いて喜んでおられました。

◆子供さんが重度の仮死状態で産まれ、その後
  脳死に近い状態と診断され、自宅で子供さんの
  看護をされているお母さん

正反対の立場におられる方が映し出されていました。

私がそのときに感じたことです。

移植を待つご両親は、A案が成立することを待ち望んで
おられるのでしょう。

成立しなければ、何億円という大金を出して渡米し手術を
受けなければ子供は助からないわけですから。

このA案成立によって移植手術へのハードルは多少なりとも
低くなるわけですよね。

そのときに、そのご両親は
どこかで同じ年頃の子どもが脳死状態になるのを待ってしまう
ということ?と思いました。

待っている自分に苦しまれるのではないかと。

先述の脳死に近い状態のお子さんを持つお母さんは、
私の記憶では(間違ってたらすみません)
「この子に死ねと言うことですかね?」とおっしゃってたように
思います。

誰かが自分の子供の死を待っているかもしれないなんて
考えたくないです。

「法律が人の死を決めちゃいけないでしょう」と言って
おられる方もいらっしゃいました。

正直、私はわからないです。ほんとに。

触れると温かくて、髪も爪も伸びてくる子供を
「死んでるんだよ」って言われても「死んでない」って
思います。

移植しなければ死んでしまう子供はなんとしても
助けたいと思うと思います。

日ごろ国会議員なんてjumee☆faceA57と思っていますけど
私が国会議員だったらこんな難しい問題に投票なんかできないです。

だから尊敬するかどうかは置いておきますけど。

どう思われましたかね?




僭越ながら参加しております。
よろしければひとつでもふたつでもみっつでもポチッとお願いします。jumee☆beg1Ljumee☆beg1R

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
jumee☆faceA155L1jumee☆faceA206bLjumee☆faceA206bRjumee☆faceA155R1
スポンサーサイト

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。