スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝撃の事実

ようこそのお運びありがとう存じます。

尚、コメントはできないようになっています。
すみません。

ご訪問いただいた方、
コメントしてやろうじゃないかと思ってくださった方、
本当にありがとうございます



先日、我が家の王子様、

15歳のゴールデンレトリバー『レオン』が

老犬にもかかわらず手術に耐え、成功しましたことお伝えしました。

手術前、先生は
「目の周りの作業になるので怖がって暴れるようなら鎮静剤を打ちますね」

「少量ですから心配ないですよー」

っておしゃってたのです。

手術にも前向きで、安心してお任せしていたのです。

わざわざ抜糸にも出向いてくださいまして、ホント親切な先生なんです。

で、

ついこないだ、常備薬の心臓の薬をいただきに母が病院を訪れたとき、

「僕、本当は手術したくなかったんですよねー」って。

え?

いやいや、

老犬ですしね、私はすごく怖かったんです。

先生の方が怖かったってこと!?

成功したからよかったものの、おーこわ。

なにはともあれ、元気に過ごしております。
スポンサーサイト

theme : 犬との生活
genre : ペット

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。